2018.03.30

失敗しないオリーブオイルの選び方と保存法

最近では、オリーブオイルを普段使いの食用油として利用される家庭も増えてきました。
クセが少なく健康にも良いとされるオリーブオイルですが、商品の数が多く選ぶときに悩まれるという方も多いのではないでしょうか。
そこで、以下では失敗しないオリーブオイルの選び方と上手な保存法についてご紹介していきます。
・オリーブオイルの選び方
オリーブオイルを品質で選ぶ際、注目する最大のポイントは酸度です。酸度とは酸化している割合を示す指数で、酸化が進めば進むほど油としての質は低いと考えて問題ありません。
そして、オリーブオイルの場合は酸度が0.8%以下であるということがその他のオリーブオイルと区別する重要な点になります。
酸度が0.8%以下で、かつ加熱処理や化学薬品等を用いずに生産されたものをエキストラヴァージンオリーブオイルと呼びます。
それ以外は基本的にオリーブオイルやピュアオイルと呼ばれますが、より高品質を求める方はまずエキストラヴァージンオリーブオイルを選ぶのが良いでしょう。
また、オリーブオイルのラベル表示にも注意が必要です。特にオリーブオイルは海外産が多いですから認証マークの見分け方を押さえておくと質の低いものを買わずに済みます。
具体的には、EU圏での認証マークとしてD.O.P(原産地保護呼称)とI.G.P(地域保護表示)があり、D.O.PのほうがI.G.Pに比べ厳格な基準のもと生産されています。
・オリーブオイルの保存法
上記ではオリーブオイルの選び方について見てきましたが、せっかく良いオリーブオイルを購入しても間違った保存の仕方をしていると品質が低下してしまいます。
特に間違った保存法としてよく見られるが、オリーブオイルを冷蔵庫に入れてしまうケースです。オリーブオイルを冷蔵庫に入れてしまうと、中身が結晶化し、風味が劣化してしまいます。
一方、高温での保存も劣化の原因であり、30度以上の場所に置いておくと質が下がりますので、15~20度程度の冷暗所で保存するよう心掛けましょう。
また、オリーブオイルは紫外線の影響を大きく受ける性質を持っているのも大事なポイントです。
紫外線により酸化が一気に進んでしまうので、エキストラヴァージンオリーブオイルを買っても保存している間に酸度が基準を上回ってしまうという恐れもあります。
紫外線を避けるためには、直射日光を浴びない場所で保存することや影響を受けにくい遮光ビンに入ったものを選ぶ、もし透明なビンであればアルミホイルで包む等の方法が挙げられます。
・まとめ
以上、失敗しないオリーブオイルの選び方と保存法についてご紹介してきました。洋風だけでなく、和風や中華にも活用できるオリーブオイルですので、ぜひいろいろな料理に使ってみてください。
https://www.olive-hitomawashi.com/cooking/2017/02/post_35.html
https://blog.goo.ne.jp/olive-juice/e/4cd33fffcd8bc4bcc103cc0dd80bfc84
https://www.speranza.jp/houhou.html