2020.03.23

オリーブオイルの定番料理「アヒージョ」

ざまざまなお料理に使用されているオリーブオイルですが、特にイタリア料理やスペイン料理などで多く使われています。お酒のおつまみとして食べるアヒージョも、オリーブオイルを使った定番料理と言えます。今回は、スペイン料理として知られる「アヒージョ」についてご紹介してきます。

アヒージョとはスペイン語で「小さなニンニク」という意味で、エビや野菜などをオリーブオイルで煮込んだお料理のことです。お洒落なレストランなどで食べられるイメージがあるアヒージョですが、実はご家庭でも簡単に作ることが出来ます。

初めに、マッシュルーム3個とエビ50g、ニンニク3片と鷹の爪3本を用意します。下準備としてマッシュルームは4等分に切り、エビは皮を剥いておきます。そしてニンニクは薄切りにして、鷹の爪は細かく刻みます。小さめのフライパンやお鍋にオリーブオイル100mlを注ぎ、ニンニクと鷹の爪を加えてひと煮立ちさせます。その後具材を加えて火が通れば完成です。お好みで塩、コショウやすりおろしニンニクを加えても良いでしょう。マッシュルームとエビ以外にも、ご自身の好きな具材を入れても美味しく召し上がれます。

レストランでアヒージョを注文するとバゲットも一緒に付いてきます。パン以外にはパスタなどと食べることもおすすめです。アヒージョは手軽に作れるお料理なので、ご自宅にオリーブオイルと野菜やエビ、そしてニンニクがあれば作ることが出来ますので、ぜひ試してみてください。