2020.03.23

知られざるオリーブの効能

オリーブははるか昔から地中海沿岸を中心に食べられてきている食材で、人々にとって身近な存在であります。地中海地方に住む人々はとても健康であることが知られていて、他の国々の人に比べて心臓病などにかかる確率が低いことでも有名です。その為、地中海料理は健康的な食事であることが定着して、オリーブやオリーブオイルも世界中から注目を集めています。

オリーブオイルには「オレイン酸」が全体の7080%程含まれており、体や美容に大変効果があります。オレイン酸は体内の悪玉コレステロールを減らす効果があり、心筋梗塞や動脈硬化などの病気を予防する働きがあります。その他、「ポリフェノール」や「ビタミンE」なども含まれており、腸内環境を整える働きがあることから便秘解消にも効果的です。さらに、ポリフェノールや「トコフェロール」という成分が体内の活性酸素を減らす役割があることから、癌の進行を遅らせたり予防することが出来ます。また、エキストラバージンオリーブ・オイルのみに含まれる「オレオカンタール」と呼ばれる成分には、認知症を予防する効果があります。

普段身近であるオリーブオイルには、さまざまな生活習慣病を予防する効果があります。会社の健康診断などでご自身の体に少しでも変化があれば薬などで治療も出来ますが、食生活を見直すこともとても重要です。オリーブオイルであれば普段使用している油を変えてみたり、ドレッシングとしてサラダにかけてみたりと手軽に使用出来るので、ぜひともオリーブオイルを生活に取り入れてみることをおすすめします。