2020.09.30

食べる美容!夏の紫外線を浴びて日焼けしたお肌のスキンケア法とは?

1.日焼け後のスキンケアに効果的な食べ物とは?

日焼け後のスキンケアには、ビタミン類やリコピンが含まれた食材を積極的に摂取することです。特にビタミンCは、メラニンの生成を抑制してくれる働きがあるため、お肌のダメージを抑え、シミの原因を予防してくれます。ビタミンCはレモンやキウイといった柑橘類の他に、ゴーヤやパプリカ、ジャガイモ、サツマイモにも多く含まれています。 また、日焼けした直後でお肌が炎症してしまっている場合は、新陳代謝を促す亜鉛やビタミンB、皮膚の粘膜を強くするビタミンAや炎症を抑えるオメガ3脂肪酸がオススメです。亜鉛は牛肉の赤身やあさりなどの貝類、ビタミンAは豚肉や鰻、オメガ3脂肪酸はアジやサバといった青魚に多く含まれています。

2.紫外線のダメージは体の内側からお肌をメンテナンスしてカバー トマトやスイカなどに多く含まれているリコピンは、抗酸化作用が高い食材です。

特に、紫外線を浴びた時の活性酸素に対して抗酸化力が期待できるので、日焼け予防や日焼け後のスキンケアとして摂取したい栄養素といえます。 また、ビタミンACE(エース)と呼ばれるビタミンA、C、Eも優れた抗酸化力を持っている栄養素です。日焼けのケアだけでなく、シミやシワ、ハリ、美白効果なども期待でき、血行を良くしてお肌のターンオーバーを促してくれます。ビタミンACEは、新鮮な野菜や果物に多く含まれているので、日々の食事に取り入れて、体の内側からお肌をメンテナンスしましょう。